Go Jackets! - Georgia Techへの留学とその後

tomogt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 10日

プライドの重要性と不要性

なんか偉そうなタイトルつけちゃいましたが、改めて目から鱗の出来事があったので簡単に備忘録として書いとこうかなと。

その昔、ヨットの師匠から「おまえはプライドが高い!それはいいことだけど、リスクでもあるよ」と言われたことがあります。うーん、自分ではそうは思っていませんが、確かに否定されると反応してしまうのは、そりゃ無駄なプライドの裏返しでしょ、と多少大人になった今は思うのですが。

それはさておき、今私のところで人を採用しようとしていて、役員と二人でどういう人が良いか話をしていた時のこと。ふと彼が「やっぱりチームとして親和性があって、プライドが高すぎないこと。優秀な方がいいのはいいけど、業務もピンからキリまであるから頼みやすくないとねえ」と。確かに。スーパー優秀な人はそれはそれで助かるのですが、業務にはどうでもいいこともかなりの比率で含まれている訳で、いちいちイヤイヤ対応されるとそれはそれで上としては困るモノ。

当たり前のことだけど、自分が人を主体的に採用する側になって、改めて目から鱗でした。そう考えると、過去も含め、果たして自分が本当にそうだったのか?上の人にとって、場合によっては割り切って使いやすい人間になっていたか?改めて考えさせられる出来事でした。

今日は朝から仕事して、今ひと段落したので、これからしばらくゆっくりして、あとは親戚の受験で悩んでいる子へのアドバイス手紙&プレゼントを用意する予定。改めて、受験生はいつの時代も大変です。。。
[PR]

by tomo_gt | 2011-07-10 10:43


<< オフサイト終了      舞台写真 / その後の稽古他 >>