Go Jackets! - Georgia Techへの留学とその後

tomogt.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 30日

VS. Cardinals at Turner Field

c0001192_13142724.jpg     <試合開始前>
残りは、EconのFinalとRisk MgmtのProject Reportだけなので、夕方まで図書館にこもった後、日本人の知人達と共に、Turner Fieldでナイター観戦予定です。本日は対Cardinals戦、先発は、元A'sのTim HudsonとMark Mulderというライバル対決で、ESPN等でも注目カードとして紹介されています。7:35から試合開始ということで、残り4時間位、集中して勉強して、いざ出陣です。c0001192_138718.jpg










<その後...>
今、ちょうど試合が終わって帰宅しました。いやーいい試合でした。結局、6-5で惜しくもBravesは敗れてしまいましたが、典型的なシーソーゲームで、見所満載でした。興奮しすぎて、ひとりで立ち上がって絶叫する始末...。前評判では、好投手同士の投げ合いで投手戦になるのではないか、という見方でしたが、実際には、Hudson, Mulderともお互いを意識しすぎたのか、本来の出来からは程遠く、初回から打ち合いとなりました。特にHudsonは細かいコントロールが決まらないために球数も多く、結局7回で降板、負け投手になってしまいました。まあでも、最終回一打同点の場面で、スタメンから外れていたChipperが登場した時の球場の異常な盛り上がりも感じる事が出来たし、Hudsonも至近距離で見られたし、本当に満足です。 
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-30 01:40 | MLB
2005年 04月 28日

生産性の違い

前セメスターの時もちょっと書きましたが、チームによってこれほど違うのかという位生産性が異なる事を、今セメスターでも実感しています。全てのチーム構成が学生に任されているので、私のチームは、前期同様、John, Adam, Vanessa, 私が共通メンバーで、これにVeronica, Emily, Christieが科目によって加わったり、加わらなかったりという形になりました。このチームの特長は、"異常に効率がいい"こと。まずKick-off前に全員がケースやプロジェクトデータを読んで自分の考えをラフにまとめた上で、Kick-offで多少長めに全体の方向性を共有したら、すぐにタスクを希望と合わせて振り分けて、ひたすら個人作業、で、Compile担当者が全体をまとめて、最後に各自でレビューして終了。全てがこの流れ....で今セメスターもあと1つのケースWrite-upを残して無事終了という感じです。この効率の良さには本当に助けられました。今日も同じ手順でマーケティングのCallaway Golfのケースのディスカッションを終えたところに、丁度別チームのEmilyがきて「あー、うちのチームは、セグメンテーションとかターゲットの議論で右往左往して結局あんまり決まらなかったぁ。ああ効率悪っ」っていって去って行きました。本当にこのチームメイトには感謝です。

続報ということで、今日、つまりKick-offから半日で、ほぼCase Write-upが終了しました。Great!
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-28 13:09
2005年 04月 27日

最近の関心事

c0001192_7195073.gifMLB.....は言わずもがなということで、最近の別な関心事はBiochemical Engineeringです。親友でTechのPhDに行っているDegsの専攻分野なのですが、要は人間の体の仕組み(人間の仕組みは知れば知るほど効率的!)に準じたものをMicrochip等を使って再現して、これをロボットなんかに応用するという学問らしく、彼の話を聞いてるとかなり面白い。日本でどの程度発展しているか分野なのか分かりませんが、保守的な日本の投資家を説得して、この分野に投資させたりするのも面白いかもしれませんね。まあ、でもLaunchまでに時間かかるから、投資市場が成熟してない日本では難しいのかな。単なる好奇心から、Amazon.comにてIntroduction to Biomedical Engineeringの本を購入!
P.S. ちなみに今月のScientific AmericanのNeuromorphic Chipsの研究者として紹介されていたTechのPaul HaslerはDegsの研究室の先生らしい...
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-27 07:03
2005年 04月 26日

Risk Management Exam

今日、懸念だったRisk Managementの試験の結果が返ってきました。写真のとおり、"Good Job!"頂きました。あーざーす(アンタッチャブル風)。このクラスはQCF(Master of Science Program in Quantitative and Computational Finance)向けで、周りはQCFの人達ばかりだったので、もともと理系ではない私は当初から不安でしたが、無事終えられて満足です。あとはグループプロジェクトのレポートが1本残っているだけなので、楽しんでやりたいと思います。
c0001192_2354630.jpg

[PR]

by tomo_gt | 2005-04-26 23:08
2005年 04月 25日

VS. Phillies at Turner Field

残っていたReadingやAssignmentを二日酔い気味の頭に鞭を打ちながら午前中に終わらせ、午後からTurner Fieldに今シーズン初観戦に行ってきました。結果は4-0でBravesの圧勝で、気分良く帰宅しました。Andruwの不調は相変わらずでしたが、4番に座った大好きなLaRoche(ちなみに彼のT-shirtsを探したけど、まだまだマイナーらしく発売していませんでした)を応援できたのと、他球団から移籍してきた下位打線の登り調子の様子が見れたので、すっかり満足です。やっぱり、自宅から30分のところでMLBが見れるのは、何ものにも代えがたい幸せですね。c0001192_7215978.jpg
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-25 11:32 | MLB
2005年 04月 24日

International Wine Party

昨夜はAdamと私が役員をしているInternational Business ClubのInternational Wine PartyがAdam宅でありました。これは各自が自分の国のWineや料理を持ち寄って楽しむことを目的に企画したものです。結果的にはアメリカ人が結構多かったのでCalifornia Wineが集まってしまったのですが、私も酒とRikaが作ったカリフォルニアロールとおいなりさんを持って参加しました。今回のパーティは、本当にすごく楽しかった。まあJohnやVanessaといった仲のいいチームメイトが参加していたこともありますが、Adamの友達のガテマラ出身の人の話や、山形に1年間住んだことのあるというそのガテマラ人の友達の話、それからインド人クラスメイトのBarraのF1の話(彼はAerospaceのPh.DとのJoint Degreeで、以前に某F1チームの空力テストに参加したらしい)....等々、会話が面白かった事がその要因です。ただ、あまりに好評だった寿司にありつけなかったことが、残念でしたが......。次回は、他校のInternational ClubとJointで何かEventが企画出来たらいいなと思っています。

ちなみに飲みすぎて、写真撮るのをすっかり忘れてしまったので、皆さんに楽しい雰囲気が伝えられないのが残念です。
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-24 22:58
2005年 04月 23日

貧打 Braves..

Pitching Staffは充実しているBravesですが、どうにもこうにも打てません。Chipperだけがひとり気を吐いて.370近いアベレージを残していますが、Andruwが全く打てない為に、ここにきてJ.D.Drewの抜けた穴が大きかった事を再確認せざるを得ない状況です(とはいっても彼も移ったLADでは打ててませんが)。仕方がないので、Bryan Jordanみたいな他球団で使えなかった選手を拾ってやり繰りする始末...まるでヤクルトです。個人的には、GilesとLaRocheの2選手になんとか頑張ってもらいたいところですね。まあ、Bostonほどの思い入れはありませんが地元なので野球狂としての応援義務にかられている次第
c0001192_955730.jpg
....ちなみにBostonは今年も順調に開幕からトップです!今年はCardinalsから移ってきたShortstop Renteriaに注目です。やっぱりShortの選手は格好いい。
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-23 09:56 | MLB
2005年 04月 22日

Surprise!

Econの授業を終えて、Banes&Noblesの1階を通って駐車場へ行く途中で、偶然知った顔に本当に"ばったり"会いました。会ったのはAdamという同級生(正確には元同級生)。彼とはお互い元コンサル(彼はアクセンチュア)かつ金融部門ということで、オリエンテーションの時から意気投合して、その後も仲良くしていたのですが、前期の途中から全く学校に来なくなってしまっていました。心配して途中連絡も取ろうかと思ったのですが、個人的な事情に首を突っ込むべきではないと遠慮していたのです。でも、今日会って、色々と話をして、彼のお父さんが病気になってしまってお母さんをサポートしていたこと、その後、就職活動をして某有名企業のInternal Consulting 部門の内定を取ったこと(MBAが必須だったけれど、Management Consultingの経験が考慮されて免除されたらしい)、落ち着いたら他校のEconomicsのMasterに行く予定であること、を知って、自分の事のようにほっとして、いい方向に向かって良かったなと心から思いました。当初(今でも!?)、拙い英語に露骨に反応して敬遠するアメリカ人が少なからずいた中、彼は私がきちんと説明出来るまで聞いてくれた、寛容なアメリカ人達のうちの一人でした。だから、今日の事は本当に嬉しく思います。お互い今後も連絡を取り合おうと言ってとりあえず別れました。Good luck, Adam!
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-22 08:02
2005年 04月 20日

峠からの帰還

今日のOperation Managementの試験を終えて、ようやく峠を越えたという感じです。あとは、Econの試験、とRisk managementのCase1本/プロジェクトペーパー1本、Marketingのケース1本に、細かい手直しが必要なレポートがいくつかあるだけ(?)なので、精神的なプレッシャーからはほぼ開放されました。それにしても、今セメスターは前期に比べて、プレゼンテーションや試験、その他アサインメントの回数が多く、週末をまるまる潰す事もしばしばで、本当に良くここまで来たなという感じです。英語の上達には今ひとつ納得がいっていないところがありますが、苦しい状況で、総じて良くやったと自分自身でも思います。パチパチ。やや揺れていた将来の方向性も自分の中では固める事が出来たので、それも大きな収穫です。加えて、前期よりもプロジェクトが多かった分、深めに交流したクラスメイトも増えたこと、それからプレゼンテーションが多少マシになったことも良かった点でしょう。あと残り数週間、今セメスターで身に付けた内容の活用と英語の更なる向上に注力しながら、貴重な時間を大切に過ごしたいと思います。
[PR]

by tomo_gt | 2005-04-20 11:34
2005年 04月 17日

MBA Spring Party

昨夜はGeorgian Terrase HotelでMBAの学生、教授、職員を一同に集めたSpring Partyがありました。1年生の出席率は半分弱でしたが、皆正装で、華やかな雰囲気のPartyになりました。Dance Spaceがあり、VeronicaやEmilyに無理やり連れ出されて踊らされ、かなり恥ずかしい想いをしましたが、たまにはこういったFormalなPartyもいいものです。結局、8-9杯ビールやカクテルを飲んで良い気分で帰路につきました....
c0001192_11321374.jpg

[PR]

by tomo_gt | 2005-04-17 02:41