Go Jackets! - Georgia Techへの留学とその後

tomogt.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 29日

Spring Banquet

無事デリバティブの試験も終わった昨日、Business School主催のSpring Banquetがあり参加してきました。去年に引き続き、今年も参加率は高く、Banquetの中心にセットされた5-6箇所のカジノはかなりの熱気に包まれていました。

懸念が取り払われたこともあって、私もビールとジントニックを飲みまくって、かなりいい気分。それでは、その雰囲気を、今回は写真中心でご紹介します。

c0001192_2240981.jpg

手前で笑顔を振りまいているのは、今年のStudent of the Year, Bobby。彼とはBravesの観戦仲間です。

c0001192_22361876.jpg

Ph.D in PhysicsとのJD, フランス人Samと。デリバティブでは彼に助けられました。それにしてもこうやって見ると、自分が明らかにアジア人だってことを再認識。

これ以上写真を載せると重すぎるので、この辺で。カクテルを作っていたバーテン自身が飲みすぎだったため、毎回異常に強すぎるジントニックが出され、今朝はちょっと体がだるいです。

今日から気持ちを切り替えて来週の試験勉強開始。さあ、本当にラストスパートです。
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-29 22:44
2006年 04月 28日

終わったぁ!!!!

先程デリバティブの試験終わりました(夜9時)。ひととおり問題を解き終わり、もうちょっと粘ろうかなと思っていたところ、Professorが寄ってきて、私の答案をひととおり見終わったところで、にっこり笑顔とともにテストが持ち去られました。というわけで、手ごたえも結構あったし、問題ないでしょう。教室を去る私に挨拶をしてくれたProfessor(写真: 数学の権化Dr.Li)も心なしか嬉しそうでした。
本当に、自分でも良くやったなと思います。今回出た問題は、Girsanov, Margrabe, HJM Model, その他。公式を覚えるとかいう次元ではなく、その公式を証明しに行くというのがメイン。ちなみに授業の理解を深めるために個人的に使っていた資料は、北大大学院の理学研究科数学科の人の資料。もちろんFormula Sheetなんてある訳ないです。MBA生が軒並みDropしていく中、MS in QCF(Quantitative and Computational Finance)の生徒達の中で生き延びられたのは、Ph.D Physicsの同級生や唯一Dropせずに一緒に頑張ったフランス人の同級生、そしてProfessorのおかげだと思います。苦しかったですが、数学/物理の面白さも再確認できました。それにしてもホッとしたぁ。
c0001192_1114047.jpg

[PR]

by tomo_gt | 2006-04-28 11:14
2006年 04月 27日

ビジネススクール最後のプレゼン

が今日無事終わりました。Multinational Financeのプロジェクトで、御題はGMのブラジルマーケット進出に関するプ戦略評価。このチームでのチームワークに関しては、アウトプットをどんどん出して行きながらチームを引っ張って行けたので、卒業前に(卒業できれば...の話<笑>)改めて自分なりのチームリードのスタイルを確認出来たという意味で有意義なものになりました。
今後、ある程度の人数でのプレゼンの機会は多々あると思いますが、数十人単位の前での英語でのプレゼンを数多く経験することはビジネススクールにでも行かなければ練習出来なかったでしょうし、本当に貴重な経験になりました。

さあ、いよいよ明日は恐れているデリバティブの試験が夜6:30-9:00にあります。試験時間一杯まで粘って、やれる限りのベストを尽くしたいと思います。Go for it!
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-27 11:16
2006年 04月 23日

No pain, No gain

ここのところ目が回るような忙しさが続いています。とは言っても、若干収束傾向にはありますが...。片付けようとしているタスクは、

IME: Project paper
Investment: Assignment, Case paper, Simulation Wrap-up
Multinational Finance: Project paper & Presentation
Derivatives: Exam, Project paper
FP&A: Graded exercise

この全ての期限が来週の木曜日までに集中しています。何とか順調に進んでいますが、週末もチームメイトとのミーティングや何やらで撲殺され、並行してDerivativeの試験勉強をしているので、学校に根を生やしている状態。特にチームワークのものについては、なぜかコアのパートが話の流れで自分に回ってくることが多く、人の倍動いている感じです。

他の楽勝なビジネススクールがちょっと羨ましい気もしますが、まあ遊びにわざわざアメリカまで来た訳ではないですし、楽しい時間よりもつらい時間を共有することで生まれる繋がりの方が強いはずなので、タイトルどおりNo pain, No gainの精神で、あと2週間乗り切ろうと思います。

P.S. 最近細切れの時間に観ているApprenticeですが、残りあと数話というところまで観た段階で、意図せずクラスメイトのひとりが私に最終的な勝者を言いやがりました!あー、楽しみ半減...。まあ、おわびにコーヒー奢って貰いましたが。
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-23 05:15
2006年 04月 17日

健全と破滅のあいだ

なんか辻仁成の小説のタイトルみたいですが、どうも10代に読みまくった三島や太宰の影響なのか、はたまた10代後半から20代前半に聴きまくったHeavy Metalのせいか、健全なものへの嫌悪と破滅的なものへの羨望が内に潜んでいるのを感じることがあります。まあ、世の全ての人が健全性と破滅性の両面を持ち合わせているんでしょうけど。ただ私の場合は後者が、一般的な人よりも若干強く、自殺してしまうハードロッカーよりもかなり弱いという状態(笑)。

最近、Behavioral Financeを授業でやっているのですが、やはり自分は投資やギャンブル向きではないなと再確認します。大きな損失が出た際、おそらく、そこでポジションを閉じずに、より大きな"破滅"を期待しながら更に勝負に出る可能性があるから。強い理性+正義感がどこまで、その破滅志向との綱引きに勝てるか次第ですが。

なーんて、ちょっと危ない人のような文調になってしまいましたが、そんな10代の様な志向とは裏腹に普段は極めて健全な生活を送っている今日この頃です。写真は、先日のVisitation Day(今年のTECH B-School合格者のためのパーティ)の際のクラスメイトとの談笑風景<私は、紺と黄色のボーダーのポロを着て背を向けています>。どこが破滅志向なんだか.....。

c0001192_052911.jpg

[PR]

by tomo_gt | 2006-04-17 00:26
2006年 04月 15日

@Turner Field vs.Padres

c0001192_1240513.jpg
今日は、今年最初の野球観戦。朝から、学校で勉強+教授とミーティング+クラスメイトとのミーティング2本を効率的にこなして、6時過ぎに家を出て、Turner Fieldへ。今年は、打撃陣が好調で面白い打ち合いが続いているせいか分かりませんが、これまでより観客の入りがいい様な気がします。今日も、金曜日であることもあって、8割位の入り具合でした。

試合の方は、序盤からシーソーゲーム、中盤ちょっと落ち着いて、4対4のまま試合は8回へ。ワンアウト後のLaRocheの打席は空振り三振....と思いきや、キャッチャーが後逸、あわてて投げたボールより、一足早くLaRocheは1塁へ。ところが審判の判定はアウト!ここで監督のCoxが塁審への抗議を開始、かなり激しい抗議の末、何と退場の宣告。これには、球場中が塁審への大ブーイング、さらに退場していくCoxへのスタンディングオベーション。

と、試合再開直後のバッターは、昨日からようやく当たり始めた期待のホープ、Jeff Francoeur。打ってくれと祈った瞬間、快音とともに弾丸ライナーがレフトスタンドへ!勝ち越しのソロホームラン。やってくれました。やっぱり彼はスターになる何かを持っている気がします。最後は、Reitsmaがいつもどおり危なっかしく締めて、Bravesが勝利しました。去年のプレーオフでMcCannがホームランを打った時くらい興奮しました。いやあそれにしても最高の試合。今年一番の試合を観れて、ラッキーでした。
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-15 12:40
2006年 04月 12日

最近のDerivative授業内容

は、どんどん深い領域に突入していっています。

例えば....
先週やったのが、Girsanov Theoremについて。そもそもこれを使う理由は、ポートフォリオ戦略の価値過程V(t)に対して、俗に言う"無裁定の仮定"を保証するため。V(t)がBrownian Motionの確率積分で表現されていれば、V(t)はMartingaleになるので仮定は満たされる。で、確率測度(P)で市場過程がBrownian Motionになっていればよいけれど、Pが表現するう市場過程はDrift Rateがあるため、これは期待できない。もし、確率測度PをQに変換した結果、Qでの表現でDrift Rateが消去されて、かつPとQがequivalent martingale measureなら、QでV(t)がMartingaleになって、無裁定の仮定が満たされるというもの。

どうも、この分野深く突っ込めば突っ込む程、モデル化のための必要知識が膨大な一方で、モデル化の過程で仮定・前提条件が多すぎて、そもそも出来上がったモデル自体使えるのか疑問。ただの数学者/物理学者の自己満足の様な気がするのは気のせい!?
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-12 11:56
2006年 04月 09日

アバクロの戦略

サーフスタイルが好き(海は好きですがサーファーではありません)で、Hollister派の私としては、アバクロはあまり買うことはないのですが、日本では大人気とのこと。この前の週末、Lenox Mallに行って、Hollisterのショーツを買ったついでに、アバクロも覗いてみると、戦略に変化が。
c0001192_10382318.jpg

至るところに"Casual Luxury"の文字、そして、以前よりも明らかに価格帯が上昇していて、類似するブランド、Hollister, American Eagleとの価格差が更に開いていました。例えば、ビジネスカジュアルで着れそうなボタンダウンシャツは$69.50。

この価格帯で買う人いるのかなあ、と疑問視。アバクロと類似するブランドがターゲットにしているのは、10代、20代前半。少なくともアメリカ人マーケットでは、それ以上の年齢での購買者はほぼ見当たらない。一方で、上に書いたようなシャツを買うのに、10代、20代前半が$70も出すかということ。答えは明らかにNo。一方で、20代後半から30代を狙えるかというと、その層は、RalphかBrooks Brothersあたりで、アバクロの店には足を運ばない。

少なくとも、以前の価格帯かやや低めの価格帯に抑えて、"Casual Luxury"を標榜するなら、上手く行くと思いますが、今回の戦略はリスキーかなと。結果はいかに.....。
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-09 10:38
2006年 04月 06日

タイミングと縁

c0001192_11573720.jpg

が世の多くの結婚の理由だったりしますが、就職活動もまさにこれと同じ。

オファーにも正式にサインをして、卒業後の進路を完全に決めました。これまでにオファーを受けたいくつかの会社や休職先のコンサルファームには丁重にお断りのメールを入れ、気分すっきり!したところで、今日、メールを開いてみると、インターン先のコングロマリットから、新たな案件が。確かに、事業部門、そしてポジションも魅力的でしたが、やはり気持ちはひとつ。こちらも、丁重にお断りしました。

まあ、タイミングと直感は重要。オファーの出る早さ、冬に受けた未だかつてない完璧な面接、同僚となる人達の類似した経歴、待遇の良さ......決断するときはこんなもんですね。さあ、卒業に向けた唯一の懸念、デリバティブ(この授業、もうMBAの領域を完全に超えている。MS in Physicsかよ!)を攻略して、次のステージにスムーズに飛び乗っていけるよう、あと一ヶ月精進、精進。

それまで、日本から持ち込んだ日本酒2本はおあずけです(っていうか、クラスメイトから、皆でパーティする前に飲んだら本屋の吹き抜けの2階から突き落とすって言われてるし)
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-06 11:43
2006年 04月 04日

魔の月曜日が一転.....

月曜日の今日、スタートは最悪でした。朝、眠気を覚まそうと、お風呂に入ることに。お湯を入れ始め、しばらくしたら、再び眠気が襲ってきて、そのまま夢のなかへzzzzz......夢の中で何か嫌な予感が。はっと目が覚めると、水道の音が!あーー、お風呂場が水浸し、寝室の端のカーペットもびしょびじょ。魚でも飼えそうな位、水が溜まってました。そこから、30分くらい、ひたすらタオルで水を吸い込んで、絞っての繰り返し。朝っぱらから筋肉痛で、本当に最悪スタート。

このまま悪夢の月曜日が続きそうな予感を持って学校に行ったところ、今日はケースレポートやテストの一斉返却日(別にそういう日がある訳ではなく、たまたま教授が溜めていただけ)。
朝の悪い流れを引きずるとまずいなと思いつつ、結果を見てみると...

1. Multinational Finance Exam: 97
2. Multinational Finance Case Report: 92
3. Investment Assignment: 100
4. Investment Case Report: 95

と、悪夢から一転、一気に快晴に変わりました。そういえば、実際の天気も、朝の豪雨から一転、午後は晴天。まあ、止まない雨はないってことですかね。でも、こういう時こそ、気を引き締めて、これから勉強、勉強.....
[PR]

by tomo_gt | 2006-04-04 08:47