Go Jackets! - Georgia Techへの留学とその後

tomogt.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 07日

Graduation - MBA Class of 2006

<写真については、後日クラスメイトから送られてくるであろう大量のファイルを受け取った後、吟味してブログに掲載したいと思います。それまではとりあえず下の写真のみということで>

c0001192_19505244.jpg


MBA CandidateからMBA Class of 2006になりました。卒業したことの証である儀式、Tassel(帽子にぶら下げる校章付きの飾り)を右側から左側に移した時は、何とも言えない感動を覚えました。

--Flashback----(注: #1,#2...; 泣きそうになったポイント)

昨日の午前中は、Georgia DomeというNFL Falconsの本拠地でのTECH全体での卒業式。会場を埋め尽くした家族・知人の多さと歓声の凄さにまず驚かされました。式の進行中ずっと、壇上の風景がどこかで観た景色に似ていると思っていたのですが、それは"ハリーポッター"でした。各College(College of Engineering, etc.)のDeanが着ている服は普通のガウンではなく、カラフルかつ手の込んだもの。これが、まさにハリーポッターの学校の先生達の容姿にそっくりで、正直変な錯覚に陥りました。式の中盤からは、ひとりひとり名前が呼ばれ、壇上に上がっての"仮卒業証書"授与。なぜか壇上後方の教授代表席にDerivativeの教授、最若手なはずのDr.Liが。まあ代表の選定基準はともかく、私が壇上に上がると満面の笑みで手を振ってくれました。卒業式自体はこの後も延々続いたのですが、私は午後のビジネススクールの卒業式があるので、途中で退散。

c0001192_13404663.jpg


で、午後はビジネススクールの卒業式。2時にビジネススクールの校舎へ。まずは全員で記念撮影。この時点で、何となく卒業するんだという実感が湧いてきました。卒業式開始直後に、私は日本の国旗を持って入場。懸念していた"コケ"ることもなく、無事お役目を果たし、クラスメイトの列席の輪に合流。
式中の細かい説明は置いておいて、この卒業式を受けて、改めて本当にTECHに来てよかったと思いました。学長のTerryの暖かい笑顔、ひとりひとり壇上に呼ばれた時の暖かい拍手と歓声、そして各教授からの労いの言葉。終始アットホームな雰囲気につつまれ、遥か昔に経験した幼稚園の卒園式を思い出しました。

そして最後に、冒頭にも書いた、Tasselを移しかえる儀式(#1)。これで、全ての式が終わり、その後はCourtyardでのレセプションに移動。会場を出てすぐ、数多くのクラスメイトと固い握手をし、そして抱き合いました。Andres, Akhil, Adam, John, Jason*2, Bobby, Dany, Vanessa, Victor, Sam, etc。Spring Banquetの記事にも書きましたが、中でもJohnに対しては特別な想いがあります。留学当初、ある程度は話せた英語ですが、アメリカ人には、聞いていてフラストレーションが溜まる英語だったと思います。そんな中で、じっくり話を聞いてくれ、授業開始直後に受けたCold Callで納得のいかない回答をしてブルーになった時も励ましてくれ、彼がいたから他のアメリカ人とも仲良くなれた背景があります。そんな訳で、Johnに"君がいなかったら、このプログラムを終えられなかったかもしれないよ"と伝え、抱き合った時には涙腺が最大の危機に(#2)。

レセプションでは、本当に何枚撮られたか分からないぐらい、写真撮影ラッシュ。無事、私が写っている写真のファイルが手元に届くことを祈るばかりです。

レセプションの後は、卒業式に出席してくれたアメリカでの"両親"、MikeとLindaと4人で予約していたレストランで食事。この時にもクライマックス的なポイントが。私達からは、TECH Mom, TECH Dadと書かれた洋服とともにカードをプレゼント。カードを読んだLindaが泣きそうになって、こっちも危うくつられそうに(#3)。彼らからも卒業のプレゼントが。何と、モンブランの新作ボールペン(#4)。一流のビジネスマンでもある彼は、ボールペンに特別な思い入れがあるそうで、戴いたボールペンに相応しいビジネスマンになることをMikeに誓って、別れました。

-----------------------

この後も、おそらく数回、"回顧"的な記事が続く可能性が想定されるので、ここでの最後の締めは手短に。4年位前に、US.CPAに受かって、もう受験勉強はするまいと思った矢先、気持ちが変わって、MBA受験をしようかどうしようか迷っていた時に行った、アトランタ&ボストン旅行。行くならTECHに行きたいと何となく思っていたあの頃を考えると、今の状況はちょっと信じられない気持ちになると同時に、敢えて日本人のいない学校を選んで、苦しいことも多々ありましたが、自分でも良くやったなと。そして、合格した他の学校を選ばず、初志貫徹しようと下した判断は正解だったと思えることが出来て嬉しく思います。
[PR]

by tomo_gt | 2006-05-07 20:31
2006年 05月 06日

I've done!

という訳で、昨日のInvestmentの試験を終えたところで全ての課程が終了しました。試験終了後にグレードされたCaseとAssignmentが返却され、それぞれ98と96ということで、チームメイトとお互いを称え合い、最後もきっちり締まったかなと思います。昨日の夜は、クラスメイト達を我が家に招いて"日本酒開封"の儀式を行い、結局、日本から持参した日本酒2本は一夜にして完全に空瓶と化しました。

正直言ってまだ実感が湧いてきません。今日は、朝から明日の卒業式のリハーサルをして、さっき帰宅しました。当日は、日本代表(? といっても一人しかいないし...)として日本の国旗を持って登場することになっています。まあ、その時になったら、多少実感が湧いてくるかもしれませんね。

ところで、話題は変わりますが、今月のHBR(Harvard Business Review)でTECHのビジネススクールの教授Nate BennetteのCOOに関するペーパーがメインの内容として取り上げられていますので、興味のある方は購入してみて下さい。
c0001192_223048.gif

[PR]

by tomo_gt | 2006-05-06 02:02
2006年 05月 04日

Endowment Fund / Concentration GPA

卒業を前に、クラスメイトの働きかけもあり、Class of 2006でのEndowment Fundを設定することになりました。要は、各人が自分で向こう5年間の寄付金額を設定し、何に使って欲しいかのおおまかな目的を指示した上で、ビジネススクールに寄付をするという仕組み。

この2年間の経験で学校に対する愛着もありますし、今後、更により良いプログラムになって欲しいという気持ちもあったので、ささやかながら寄付をすることにしました。確かに上智の時もこんな依頼が来ていたような気がしますが、在学中の勉強への力の入れ方の違いからか、今回とは思い入れが全く違うのが自分でも不思議。将来、金銭に余裕が出来て、母校に寄付をするとした場合、やっぱり、上智ではなく、TECHのビジネススクールに寄付するだろうなぁ。

ところで、デリバティブのプロジェクトペーパーをProfessorのところに提出しに行ったついでに先日受けた試験結果が言い渡されました......バッチリ8割以上取れてました。この授業のメインの対象であるMS in QCF(Quantitative and Computational Finance)の生徒でも、3割程度の人が多かったらしく、Professorからも、他のチームメイトの前で"You did very well"と褒められ、色々とアドバイスしてくれたPh.D in PhysicsのSamも自分のことの様に喜んでくれました。最初の試験の点数があまり良くなかったので、これまで全ての関連科目がAで4.0だったConcentration GPA(Strategy& Finance)を4.0のままで卒業することは困難になってしまいましたが、Grade以上に得られたものは大きかったですし、自分では満足しています。

さあ、明日は最後の試験です。ベストを尽くして悔いの残らないようにして、夜のクラスメイトとの"日本酒開封"の儀式に突入したいと思います。
c0001192_11154349.gif

[PR]

by tomo_gt | 2006-05-04 11:12
2006年 05月 02日

Francoeur再び!

c0001192_1325134.jpg

昨日は、知り合いのPaul&Terry夫妻に招かれ、Turner FieldにBraves vs. Metsの試合観戦に。ここのところ連敗していたBravesですが、昨日は快勝。ここまで不振を極めていたFrancoeurが前回の観戦時に引き続き爆発。5打数4安打、1HRに、最後は窮地を救うダイビングキャッチ。それにしてもFrancoeurとは相性が良いみたいで、前回もそれまで不振だったのが嘘の様に逆転HRを打ちましたし、昨日もまるでその再現VTRを観ているようでした。
写真からも分かるように、そのハンサムな顔立ちも手伝って、将来のスター候補と目されています。つい先日もTVを観ていたら、早くもDeltaのCMに出演していました。
[PR]

by tomo_gt | 2006-05-02 01:33
2006年 05月 02日

最近の学校での話題

卒業が近いこともあって、最近の学校でのクラスメイトとの話題は、"5年後どうする?どうしたい?"ということ。やはり、ほとんどが"起業"を目標に掲げていて、卒業後すぐに、もしくは既に起業しているクラスメイトもいますが、とりえず卒業後一旦は就職して、働いている間にタイミングを図ろうとしている人が多いよう。

かくいう私も、クラスメイトから5年後を目処に一緒に会社を立ち上げようとかいう話をされていますが、当面の目標は、ファーマ&バイオテックの経営に精通すること。もともと、万が一自分で会社をやるなら、コンサルとベンチャーキャピタルの中間のような会社を作りたいと思っていて、その布石として、ファーマの経営企画を卒業後の進路に選んだという背景があります。これには、多くの人が賛同してくれているので、まあ当面の判断としては間違いないかなと。その先どうするかは流れ次第。でも、苦楽を共にしたクラスメイトと会社を立ち上げられたら嬉しいなとちょっと考えたりもしますが。まずは足元をしっかり固めてから考えたいと思っています。

そんな雑談の中で、Finance専攻のクラスメイト2人と冗談がエスカレートして、会社のロゴまで作ってしまったその会社名が、"GoldmanSxxks"。お後がよろしいようで....。訴えられると困るのでロゴは載せないでおきます。
[PR]

by tomo_gt | 2006-05-02 00:29