Go Jackets! - Georgia Techへの留学とその後

tomogt.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 26日

年末年始で来年の助走!

何とかここまで漕ぎ着けたという印象が強い、2010年の暮れですが、兎にも角にも笑ってこの時期を迎えることが出来て本当に良かったです。まさに激動2010で、変化ばかりの一年でした。

そして、回遊魚(あっ、さかなクンおめでとう!さかなクンの真摯な姿勢が今回の発見を生んだんだと思います)としては、今年期せずしてトップまで上げざるを得なかったギアをもとに戻してゆっくり出来るはずもなく、年末から早くも来年に向けた自主トレを開始しています。

とりあえずこの休み中に継続しようと思っているのが、

1. 中国語の勉強: といってもDSのソフトやるだけだけど。年明けに中国人の同僚をちょっとびっくりさせたいなあと。
2. 体づくり: といっても腹筋とちょっとしたダンベルだけだけど。あとはちょっと体で異常を感じる部分があるからそこをケア(+年末の健康診断と歯の治療)
3. 日舞の稽古: 先生から特別に稽古のビデオ取ることを許されたので、日々繰り返し見て研究研究。出鱈目に覚えたら最悪だけど。
4. 医薬品業界分析: 来年、長期(2020年)戦略実現のための戦術を検討するプロジェクトを立ち上げるので、色んな情報を集めて自分なりのビジョンを作っておかねば。
5. ディールの下分析: 今かかえているディールの候補案件をじっくり分析

といったあたりかな。後は漫画含めて濫読!日々、一生懸命生きて行きまする。

そうそう、先日、「100万回生きたねこ」という絵本をプレゼントして頂いたので読んだのですが。。。プレゼントしてくれた人の感性が本当に大好きなのですが。。。うーん、感動。前段の振りを繰り返して、最後どーんとくる感じ。このタイミングでこの本を頂いたのも何かの啓示かなと思って、更に日々を精一杯生きていこうと、自分にとって大事な人達を更に大事していこうと誓ったのでした、マル(うーん、何かくさいなあこの文章)

さっ、これから日舞の自主練して、その後、風呂で宇宙兄弟読もっと。

c0001192_1544222.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-12-26 15:44
2010年 12月 18日

演目変更

来年の舞台の演目を急遽変更することにしました。というのも、今週、ディールの提案書を相手先に出し終えて、詳細な提案への感謝の返事が来たのですが、もし1月の協議で話がより具体的になった場合、2-3ヶ月の海外滞在を余儀なくされる可能性が出てきたためです。

せっかく3回くらい稽古時間を取って稽古し始めていましたが、もともと予定していた演目は3人でやるものなので、どうしても合わせる時間が必要な上に、海外長期滞在で急遽キャンセルとなった場合、少なからず迷惑がかかってしまうので、思い切って決断をしました。

で、演目は「猿舞」というもの。どうやら信長の前で秀吉が踊る話らしい。秀吉は信長から猿と呼ばれてましたからね。戦国好きの私としては願ってもない演目。かつ、せっかちで先走りがちなので、軽快な踊りということもあり、今日初めて稽古して貰いましたが、なかなか楽しかったです。

それはさておき、今週でようやく中長期の経営計画やら予算やら上記ディールの提案書やらを一気に出し、社長からもお褒めの言葉を頂いて、本当にひと段落。年初まで、激動の2010年を乗り越えてくれた体と頭をゆっくり癒して、来年の更なる激動の一年に備えたいと思っています。といいつつも、結局、本を買い漁って全く脳を休める気配はありませんが。うーん、それにしても、録画していた「坂の上の雲」の"子規逝く"を今朝見ましたが、思いっ切りやられました。朝から号泣。「のぼさぁああああーーーーーん」

そして、ついに、この年末年始で司馬遼太郎の原作を全部読む決意をしました。長編苦手なのでどこまで続くか怪しいところですが。。。。

*写真は猿回し団体「猿舞座」。まあ似たようなもんです。

c0001192_14265725.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-12-18 14:27
2010年 12月 10日

嵐も終息へ

ここのところかなりバタバタして、追加のファイナンスの対応やら、中期の経営戦略やらディールの資料作りやらでバッタバタ。プライベートの方でも大きな出来事があり、中々激しい日々でしたが、ようやく終息に向かっている感じ(あくまで感じなので、まだまだ仕事納めまでにひと山あるかも、ですが)。

最近、面白いなあと思うのは、完全なる日系の会社に入ったのに、前職の外資よりも外国人との仕事率が高いこと。今やっている提携検討のチームのメインのメンバーは、中国人、カナダ人、デンマーク人、そして私。バックグラウンドもバラバラなので統率を取るのは大変ですが、ちょっとしたビジネススクール気分で楽しいです!

そうそう、最近読んでいる、元フジアナウンサーの安藤幸代さんが書いた宮里藍についての取材本、読み進めるのがもったいないぐらい、私にとってはヒットでした。イチローの様に日本での実力をそのままグローバルでも最初から発揮できる人はむしろ稀で、あれだけすごい成績を日本で上げていた宮里藍も、ラウンドを途中棄権するぐらいの精神的・肉体的なスランプに見舞われてたということが改めて分かって、そんな苦労があって、今年の活躍があるだなと。そして乗り越えられて良かったね、と声をかけたい気分です。

やっぱりNo Pain, No Gainですね。私もこれまでの人生でPainは幼少時代からかなり蓄積してきて、社会人以降は回遊魚ゆえにPainを自ら課してきて、30代中盤になってようやくGainモードに入ってきた感じなので、ここからはこれまでの経験を活かして上手くPainとGainのバランスを取りながら成長して次、そしてその次のステップへと進んで行けたらと思います。

c0001192_8273192.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-12-10 08:27
2010年 11月 27日

会心の一撃!

といっても格闘技ではありませぬ。確かに長谷川選手の2階級制覇は嬉しいNewsですが。

昨日は早朝から2時間半のミーティング。前半は、社長、取締役2人と今後10年の経営戦略について議論。後半は目先の提携関係の案件について4-5人追加して議論。いずれも、資料はほぼ全部自分で作らなければならなかったので、今週はかなり忙しく、かつ部下の外国人の徹底指導込み。で、ようやく形になったと思ったら、木曜夜の帰宅途中に修正個所をいくつか発見して昨日は7時過ぎに出社して対応してました。

その甲斐あって、どちらのミーティングも、説明しまくって受け止めまくって、かなり良い感じに進展しました。まさに会心の2発!といった感じです。手前味噌ながら社長にも満足していただけたかなと。
特に前半の中長期の戦略の議論は、まさに戦国時代の軍議的な感じ。「ガチで勝負したら厳しい」「上手く取り込んで敵を動かそう」などなど。。。こんな時思うのは、いつも社長が出す戦略アイデアが"美しい"こと。上手く行く戦略は美しいものです。さすがです。

私はこういうことが本当に好きなんですよねえ。軍議で、自分で全体を見渡しながら分析した材料を出しつつ、戦略を推し進める、そして自軍全体を動かすべくその戦略を形にする、楽しいです!それが結果的に患者さんのためになるのだったら、言う事なしですね。
でも、まだまだ経験も浅いし、自分で目につくミスも多いので、日々精進っす。まあ、世の中完璧はないし、ほどほどにしとかないとバランス崩すのでセーブが必要ですが。今日はこれから日舞の稽古。切り替え、切り替え。。。。

c0001192_8334024.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-11-27 08:33
2010年 11月 21日

ビバ!和文化

日本男児たるもの和文化を知るべし!....という訳ではありませんが、留学を決めたあたりから"日本人として"ということをより強く意識するようになった気がします。欧米や中国に負けない良さを示すべきっす!あくまでステレオタイプな見解ですが、留学しても日本人同士でつるんで、結局せっかくの機会を逃してて、日本人のプレゼンスが上がってないなあ、という印象を持っていたこともあり、どうせ留学するなら日本人の少ないところで日本・日本人の良さを知らしめてやろうと思って、留学先を選んだ背景もありました。

帰国してからは、以前にも増して、和文化が好きになっている自分がいます。昔から、親に連れられて落語やら歌舞伎やら行っていて、その時は退屈だったのですが、社会人になったあたりから自分でも色々と足を運ぶようになり、また一人で奈良や京都に引き寄せられるように行き始めたのもその頃です。

やはり和文化のよさは「ものの機微」なんですよねえ。これは欧米人には分かりにくいところですが、食文化と連動していると考えると、フランス人あたりとはやや共感できるところがあるかもしれません。恋愛観やファッションにも反映されてますね。微妙な行間を楽しむのが人生の醍醐味だと思うんだけどな。

それはさておき、結局、来年の舞台に出ること、そして演目もほぼ決定しました。やはり何事も大きく成長するタイミングがあるもの。そのタイミングが来たなと思ったら迷わずそこに行ってしまうことが大事だと、これまでの人生で学んできたので、今回は間違いなくそのチャンス。取りに行って、ぜひ次の段階に行けるように日々精進するつもりです。強さのベクトルが仕事とプライベートどちらかに偏っていると不都合が生じるけど、両方とも強い分には何とかバランスがとれるのではと勝手に解釈してます。両サイドに引っ張られて壊れないことを祈りつつ。。。

下の写真は、そんな「ものの機微」を上手く感じることに長けている素敵な人に紹介して貰った"Feebee"というイラストレーターの画です。和の世界観、いい感じ。色々と作品をチェックしてみたくなりました。

c0001192_12181653.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-11-21 12:18
2010年 11月 14日

3拍子揃ったプレーヤー

野球狂の私は、チームとしてはヤクルト一筋ではありますが、プレーヤーは他チーム含め色々な選手を応援してきました。ただ、その好みには偏りが。ショートの選手が好きなんです。確かにホームランバッターも魅力的ではありますが、やはり3拍子バランスが取れていて、守備範囲の広いプレーヤーがいいですね。古くはヤクルトの池山、最近ではロッテ西岡, etc.

野球の場合、「3拍子揃った」と形容する際の3拍子は走・功・守ですが、私も3拍子揃ったビジネスマン・人間になりたいと常々思っています。この場合の3拍子は、心・技・体ということになりますが、なぜ、このトピックを今回取り上げたかというと、一昨日の取締役会、そして昨日出席したカンファレンスで「こういう人になりたい」というイメージを醸成させる人に出会ったから。

彼は50代の米国人。もともとメガ製薬会社のグローバルのCFOを務めてきて、今はPE(プライベートエクイティ)を立ち上げていますが、前職でのうちの社長との縁で、うちの会社の社外取締役をして頂いており、今回は、取締役会のために来日。私が取締役会で1時間に亘るプレゼンをした際に初顔合わせと相成りました。

この人、もちろん要職に就いてきただけあって、心技体3拍子揃っている雰囲気をプンプン漂わせていました(少なくとも第一印象から私にはそのように見えました)。
体: 米国人にあるまじきスマートな体型・白シャツに赤ネクタイでスーツも良い仕立て。
技: 私のプレゼンにもきめこまかくフォローや提案を、それもバランス良くしてくれるんですね。
心: 彼にとっては私なぞは歳もえらい離れている若造に過ぎないのに、ミーティング後のプレゼンへの御礼や翌日カンファレンスであった際に色々と声をかけてくれるというすばらしい心配り。

うーん、私は果たして15年後位にあんな風になれるのか。まあ15年もあれば何とかなりそうな気もするけど(おっ、強気!)。いずれにしても、久々に自分の理想の画をイメージさせてくれる人に会えてラッキーです。イメージがあるのとないのとではだんぜん近づけるかどうかが違うので。

という訳で、心技体3拍子揃ったビジネスプレーヤーを目指して、継続してやっていること。。。
心: 色々な本を読んだり、国籍・ジャンル問わず多くの人に会ったり、文化に触れたり。でも私の場合、この点については、どうしても"男気"を持ち続けられるかがテーマ。部下・後輩をどこまで守れるか?そのためには精神修養が必要です。クローズで醸成してます(だめだこりゃ)
技: 今の仕事で部門・機能のカバー範囲が恐ろしく広いので、まっこの点は目の前に集中していれば心配ないかと。困ったら古典回帰ということで、孫子・呉子に手を出しちゃった今日この頃(現実世界で使えんのかよ)。
体: 2ヶ月くらい前から、ダンベルのトレーニングとひねり腹筋を毎日80-120回続けてマス。うーん、アルコールでネットゼロだけど。後は日舞で体のバランスを。。。。これも無理な体勢でで変な負荷が。

道のりは果てしなく遠いです。。。。でも、何と言っても日々の精進が理想への近道!昨日のカンファレンスがあったホテルは6-7年前にたまたま留学候補先のアドミの人が来日してインタビューを受けた場所。その頃を思い出して、その当時との状況の違いに、多少は成長出来てるかなと、ちょっと嬉しさと懐かしさを感じた土曜日なのでした。

c0001192_17434672.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-11-14 17:43
2010年 11月 06日

舞台

に結局出ることにしました。そうそうない機会だし、これも何かの縁ということで。

ただし、来年5月に向けて、その前に1月に発表会もあるし、覚えがあんまり良くない上に1週間に1回の稽古が基本頻度なので、気合入れていかないと本当にまずいです。とはいえ、仕事もかなり忙しい状況、かつ今後中国への展開に力を割かないといけない可能性が高いので、もうこうなってくると、両立とかそんな話ではなく、「日々を精一杯生きる」これで行くしかありません!

で、上述の舞台、先生が私に合うからと勧めてくれているのが「小鍛冶」という演目。試しにGoogleってみたら、

夢のお告げを受けた一条天皇(980〜1011)の命により、勅使の橘道成は、刀匠として名高い三條小鍛冶宗近(さんじょうのこかじむねちか)のもとを訪れ、剣を打つよう命じます。宗近は、自分と同様の力を持った相鎚を打つ者がいないために打ち切れない、と訴えますが、道成は聞き入れません。進退きわまった宗近は、氏神の稲荷明神に助けを求めて参詣します。そこで宗近は、不思議な少年に声をかけられます。少年は、剣の威徳を称える中国の故事や日本武尊(やまとたけるのみこと)の物語を語って宗近を励まし、相鎚を勤めようと約束して稲荷山に消えていきました。

家に帰った宗近が身支度をすませて鍛冶壇に上がり、礼拝していると稲荷明神のご神体が狐の精霊の姿で現れ、「相鎚を勤める」と告げます。先ほどの少年は、稲荷明神の化身だったのです。明神の相鎚を得た宗近は、無事に剣を鍛え上げました。こうして表には「小鍛冶宗近」の銘、裏にはご神体が弟子を勤めた証の「小狐」の銘という、ふたつの銘が刻まれた名剣「小狐丸」が出来上がったのです。明神は小狐丸を勅使に捧げた後、雲に乗って稲荷の峯に帰っていきました。

なかなか面白い話なんですが。。。。先生から送られてきた写真が下↓ これ??? ま、いっか。何事も経験、経験。

c0001192_201867.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-11-06 20:01
2010年 10月 30日

祝 承認!

ということで、先日、第一号の薬剤が無事承認されました。パチパチパチ。

これは本当にすばらしいことです。PRの責任者も兼務していることもあって、最近、患者さんや患者さんの家族から問い合わせを受けることも多く、一日でも早い提供が求められているだけに本当に良かったです。
バイオの同じようなビジネスフェーズで過去に薬剤を送り出して売上計上・本格稼働まで持っていっている会社はほとんどなく、史上初といっても良いのではないかと思います。

そう考えると、何もないところからここまで持ってきた社長は本当にすごい人だと、改めて尊敬しています。これで、数多くの患者さんが助かる可能性がある訳ですから、その社会貢献たるや、すばらしいものがあります。そんな恵まれた環境・タイミングで働くことが出来て、私はラッキーだなと。ま、それも転職の決断があってのことではありますが。。。やはり機を逃さないためには、常日頃の流れを感じる感性と、直観を信じて思いきった決断が大事だなと感じています。

で、こちらも一段落したので、来週からまた忙しくなる前にと、昨日は代休を取って秩父の山奥へ。うーん、なぜ自分でもそこに行ったのか不明です。(無宗教ですし、決して怪しい信仰の持ち主ではないのですが)何か不思議な体験をすることがたまにあって、今回も引き寄せられるようにその場所に行っていました。
結果。。。。かなり良かったです。いつになくパワーチャージされました。不思議なことに、バスで山頂を目指す途中から曇りがちだった空にすっかり光が差し始め、バスで山頂から降りる途中からまた雲行きが怪しくなるという(思い過ごしだとは思いますが)感じで、勝手に「呼ばれて歓迎されてたのかな」なーんて自分勝手な思い込みをしてました。幸せな奴です、ハイ。

今週末は嵐の予感ですが、間が空いてしまった日舞の稽古に行かねば。そして来年の舞台に出るかどうか、決断を迫られ中。。。。うーん、どうしよう。

c0001192_9253399.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-10-30 09:26
2010年 10月 23日

缶詰合宿終了!

今週水曜日から湯河原で完全缶詰で行われた、今後の色々な戦略・課題を徹底的に議論する恒例のシニアマネジメントのオフサイトミーティングが昨日で終わりました。

あーーーーーー疲れた。本当に今回は疲れました。

転職して2回目のオフサイト。前回は、入って間もないこともあり、お客サン的なところもありましたが、今回は完全に自分で全部のアジェンダについてコーディネート、かつ4つのアジェンダのプレゼンだった為、先週末も出勤で対応していたので、無事終わってほっとしています。

このオフサイト、どうやら過去は鬼門だったらしく、トップの鋭いチャレンジの応酬を受け止めきれず、屍となって、翌週から会社に来なくなった人もいたとかいないとか。

今回も、正直、自分の占めるパートも多かったため、若干不安もありましたが、結果的には自分のパフォーマンス・プレゼンスを示す良い機会になりました。他の方たちからも、身に余るお褒めの言葉を沢山貰って、ちょっとは労も癒えた感じです。ま、結局思うのは、自分の描くロジック・ストーリーへの土俵にいかに持ち込むか、そのストーリーを事前に自分の腑に落としておけるかに尽きるのかなと。そうであれば、誰よりも自分の方が分かっているので、ピンポイントのチャレンジにも玉砕することもないし、何より自分の言葉で話せるので、びびる必要は全くないですし。

それにしても、改めて、周りのメンバーを見渡して(今回は私を含めて9名がメイン, 部分参加が追加3名)、自分がこの中に入れて貰えて、一緒に議論させて貰えることの幸せを噛みしめていました。
というのも、トップは言わずもがな、その他の人達もそれぞれが各分野で素晴らしい実績を上げてきたエグゼクティブな方達で、もちろん30代は私一人ですし、本当に有り難いことです。だから頑張れるというのもありますし、他の人達をサポートしたい、学んで成長したいという気持ちが自然に湧いてくるんですよね。

今回は新しく入った中国人の医師(日本語は全くだめ, アメリカで医師とバイオベンチャーの立ち上げをした超エリートだけど、ホントに謙虚で良い人)のお守もしなければならなかったのも疲れの原因かも。
温泉は初めてだったので、浴衣の着方や温泉の入り方まで付いて教えて。でも、本人はすっかり喜んでいたので、ま、良かったかな。

今週末はちょっと残っている仕事だけして、あとは思いっ切りゆっくりしまーす!!

c0001192_3552920.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-10-23 03:55
2010年 10月 17日

Japanese Sake

たまには仕事以外のネタも。

和文化大好き人間の私は、稽古をしている日舞、小さい頃から親に連れてかれていた寄席、そして寺社仏閣めぐり(こう並べてみるとおじいちゃんみたいなチョイスだなあ。でもちゃんとディンギーのセーリングしたりもしますよ!!)、と、色々と広く浅く文化を堪能している訳ですが、食事ももちろん和が大好き。でも一番数を食べているのはパスタだけど。

中でも、アルコールの最近のパターンは、最初ビールで、あとはひたすら日本酒。体質によっては、日本酒が苦手な方達も多いようですが、私は過去失敗しているのは全てワインで、日本酒は体に合うようで大好きです。

とはいえ、日本酒も種類が沢山あって良くわからず、やはり人に教えて貰うのが近道。私の場合は、近くの中華街入口にあるかなりの品ぞろえの酒屋さんに行って、自分の好みに合うものを教えて貰っています。
外で飲む時は、大体、〆張か"だっさい"(漢字変換しなーい)ですが、その酒屋さんに勧められて買って美味しかったのは、

・阿部勘
・禮泉
・寶剣

の3種類。ぜひお試しあれ。

さあ、今週は、水曜日から今年2回目の缶詰オフサイトミーティングです。大変ですが、参加させて貰えるだけでも有り難く感じて、勉強勉強。

c0001192_1651565.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-10-17 16:51
2010年 10月 08日

マネジメントスタイル

今週もがっつり仕事 & 飲み(自業自得)で疲れました。でも三連休だから良しとしましょう!再来週にまた缶詰オフサイトが待っていて、私が全面的にコーディネートしなければならず、来週に向けやや気が重いですが、来週は来週の風が吹くということで。

で、今週から本格的に事業開発の部門も見始めた訳ですが。。。。。。大変なのは大変ですが、何か、マネージする範囲が広くなればなるほど、おもしろいって感じてる自分がいます。

その要因としては、#1. 関わる人が増える(=関係性が近くなる人が増える)ということと、#2. 物理的に自分で手を動かすには到底無理だと諦めがつく範囲までくると、尊重しながら人に振る術が上達することを実感できるということ。この2点が、楽しいと感じる要因かなと。そしてチームの輪が大きくなると、もともと(自分で言うのも何ですが)さみしがりな自分としては、人に囲まれてる安心感みたいなものもあるんですね、これが。

ちなみに私のマネジメントスタイルは
1. 最初にOne on Oneで徹底的に話をする
2. 早めに自分から素をさらけ出して安心してもらう(何かドライに見られがちなので、趣味含めてさらけ出しちゃう)
3. 仕事を振る時は自分で手を動かしてやるとした場合、どんなアウトプットになるかイメージした上で、なるべく相手もイメージ出来ように説明をする
4. 自分が得意なところはやって見せて尊敬してもらえるようにする
5. 自分が不得意で相手が得意なところは相手に全面的に任せて能力を尊重する
6. なるべくオフレコの話も差し支えのない範囲でフィードバックしちゃう
7. 転職するとしたらどうしたいか、話し合う(結局これを社内での育成プランにしちゃえばいいから)
8. 雑談もして、ふざけるところはふざける
あとは得意の"男気”のスパイスを加えるって感じです。20代後半で最初にチームを任された時の失敗から色々学びました、はい。

まあ、これから、いろんな矢が社長他から降ってきそうで、(過去の激しい人事を見るに)地雷を踏んで爆破するリスクも多々ありますが、少なくとも爆破するまではこの貴重な経験を楽しんじゃえと。あとは理不尽なことがあれば、啖呵を切って全面戦争します!

なーんて、といいつつ、大胆かつ慎重な私は、好調な流れの時こそ準備を、と、連絡のあったヘッドハンターと陰で話をして、セーフティネットをせっせと張るのでした。

c0001192_22545236.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-10-08 22:54
2010年 10月 03日

孫さん公開講義出席

孫さん??はい、そうです、ソフトバンクCEOの孫正義の公開講義に出席してきました。国際フォーラムで2時間半、予定を大幅にオーバーする熱意ぶりで、非常に良い刺激になりました。

講義の形式としては、全部で30の意思決定に関わる二者択一の問題について、まずは各自でどちらを選択すべきか回答した後に、彼が、過去のソフトバンクの事例を紐ときながら解説していくというもの。前提条件によって決断も大きく変わるので、どちらが正解ということではありませんが、かなり面白く、メモしまくって帰ってきました。

その中で、最も印象に残ったエピソードはITバブル崩壊直後の株主総会の話。開始後に四方八方から罵声の嵐。結果、その株主総会は6時間にものぼったんだとか。その際に、ひとりの株主のおばあさんが「私はおじいさんの遺産の1000万を全部ソフトバンク株につぎ込んだけど、それが1/100になってしまった。それでも私は貴方の夢を信じてかけたのだから、文句は言わない。頑張って」という言葉が今でも耳に残っていて、今般、30年後に時価総額200兆円の目標を掲げたのも、昔高値で買った人でも10倍位にはなるようにしようとの気持ちからだそうです。。。。そして、その6時間中、全ての質問を全力で受け止めた結果、最後は拍手喝采で幕を閉じたということでした。

やはり、何事も人対人。やはり誠意と志が道を開いていくってことです、はい。

さあ、今週は社長も海外出張でいないことだし、ゆっくり腰を落ち着けて頑張ろうっと。あと、早めに帰れれば、平日日舞の稽古も行っちゃおうかな。
c0001192_1334423.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-10-03 13:34
2010年 09月 25日

iPhone4大活躍!

前回の日記から間が空いてしまいましたが、その後、母の調子も問題なく、平常の生活に戻っている今日この頃です。

だだーし!新しく事業開発部門も見ることになった関係上、ひじょーーーーに忙しいです。会議も多いし、合間でいかに効率的に仕事をするか、部下に上手く振るかが鍵だと、つくづく実感する今日この頃です。

そんな中、週末や帰社後にいちいちPCを立ち上げるのは面倒なので、思い切ってiPhone買っちゃいました。そして、会社のoutlookと同期させてみましたが。。。。。思ったよりもこれが使いやすくて、今や完全に中毒状態。ワーカホリック一直線。これが社長や私の直上役員ともどもワーカホリックだから、週末だっていうのにメールのやりとりが完全にチャット化してマス。

いかに早く返すかを競争しているかのよう。やはり偉くなるには物理的に時間を割く必要が絶対にあるのだと実感中。

それはさておき、アプリの方もダウンロードしまっくって、色々と活用しています。小さいPCと言ってしまっても過言ではありませんね。これを持ってると、そもそも大きさ以外でiPadを買う理由が見当たらないんだよなあ。まあ、少しでも隙間があれば被せて、次にステップさせるのがジョブズの常套手段ですからね。

最後に。。。。。全然話題は変わって、すっかり秋。色んな服が着れる季節がきて、早くも全開モードです。今年はロングコート新調予定。がっつりおしゃれするぞ!
c0001192_858936.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-09-25 08:58
2010年 09月 11日

怒涛の2週間

結果的に、振り返れば、今だから『精神的に強くなることが出来た』と言えますが、正直精神的にキツイ2週間でした。

というのも。。。本来であれば仕事の谷間で多少ゆっくり過ごせると思って、同僚の外国人達と飲みに行く約束をしていた金曜日。18:30にビルの下で待ち合わせをしていたので、部屋を出ようとする直前に家族から電話が。んんん、何事だろうと電話を取ってみると、母が急に倒れて救急車で運ばれ意識がないとのこと。

ガツンと頭を殴られた感じ。少なくとも仕事中、オフィスではあまり動じない私ですが、この時ばかりは慌てました。その直前に水を思いっきりこぼしてしまったのがその予告だったのか。しっかりしなければと、とりあえず役員の上司と部下にだけは事情を伝え、オフィスを後に(実はこの時、役員から重要な通告があったのですが、それは後程)

病院まで飛んでかけつけると、母は薬のせいもあって完全に寝ているというか意識がない状態。父と一緒に先生から病状を聞き、もしかしたら意識が戻らない可能性もるとのこと。まあ、医者はリスク取れないから脅しますね、それにしても。この日はICUにいたこともあって、そのまま帰ったのですが、最悪だったのがその翌日。物心ついて、色々な試練や本気で自殺を考えてしまうようなこともありましたが、確実にワースト3に入る厄日でした。
朝、父から連絡があり、意識は戻ったが、暴れてしょうがないのですぐ来てほしいと病院から言われたらしい。
まあ、父と私が行けばどうにでもなると思って行ったものの、何と、私のことも全く認識できない状態。

何がつらいかというと、内科・外科的な病気であれば、こちらの行為に対して反応があるので、まだ良いけど、完全に錯乱状態なのはどうしようもありません。今考えればこの時説明した、某有名大学(聖なんとか)の救命救急センターの若手医師とセンター長の認識が明らかに誤りだったのです。彼らの説明では、倒れた元となった数値は正常に戻っているのに錯乱しているのは脳か精神に異常をきたしているのかもということでした。

それを聞いたら普通、この状態が続くと思うはず。。。。。長い夜でした。母の錯乱<さくらん>時の叫び声がトラウマになり、全く寝れず、食事も全くのどを通らず。どうなっちゃうんだろう、この後。。。で、思い悩みながら日曜日に再び病院に行くと、看護婦さんの『今日は普通に話せますよ』の言葉。『えっ』。話しかけてみると、普通に『明日誕生日だよね』って、、、、おい。

ということで、結果としては、まだ薬の影響等があって、前日は意識がない状態だったのです。そこから急回復をして、無事退院も出来て、今は電話で話も出来てほっとしていますが、いやあ、本当に結果オーライで、精神的にかなり強くなったこの2週間でした。今回の事に比べれば、仕事上のことなんて、大したことないです、全く。色々な意味で良い経験でした。

で、最後に、2段落目位にどさくさ紛れに役員に通告されたのが、『XXX部門を(私の名前)の下に移すことになりそうだから』って。移るのは何となく聞いてたけど、私の下って言うのは聞いてないっす。
更に忙しく、そして責任も重くなりそうです。海外出張も増えるんだろうし。。。まいっか。今となっては、母の今回の件に比べればどうってことないぜ。更に強く生きて行きます!
c0001192_8475893.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-09-11 08:48
2010年 08月 29日

発表会 / 薬を届けるということ

基本、1週間に1記事は最低でもアップしようと思ってはいるのですが、ここのところペースが落ちてしまっています。。。。

その理由のひとつが、日舞の発表会に向けた稽古。前回3月の発表会では、頭を上げた瞬間に"目"が沢山視界に入ってしまい、その瞬間今までになく緊張したため、思うようなパフォーマンスが出来ませんでした(というようなことを言えるレベルでもないのですが<笑>)。で、今回は、先生に熱心に指導して頂いている手前もあり、やはり同じ轍は踏めないという強い気持ちがあったので、会社帰り遅くに稽古に行ったりしていました。

結果。。。。前回よりは良かったかなと自分でも思いますし、色々な人に"入り込んでいて良かった"と言って貰う事が出来ました。『昨日の自分を超える』をモットーに、仕事だけでなく、こちらの方も全力で準備した結果が出て、終わった後の打ち上げで、殊の外ホッとしている自分を感じて、思っていたよりプレッシャーがかかっていたんだなとその時改めて感じました(*写真はそのうちアップします。代わりに男前海老蔵の曽我五郎の写真を)。

次は来年初。そして5月には今までにない大きい舞台でやるかどうか先生と相談中。マイペースで頑張ります!

そして、仕事の方は、新会社ではや4ヶ月が経ち、社長とのコミュニケーションもやや慣れてきたところで、もしかしたら、これから更に責任が重くなる可能性が。しばしばディールの交渉の矢面に立つ事になるかも。中期の海外出張も増えるのかなあ。まあ、楽しみではありますが、同時にプレッシャーがかかる局面が多々ありそうです。そうそう、そのプレッシャーで思い出したのが、たまたまテレビでタモリを久しぶりに見たのですが、いいこと言ってました。『プレッシャーがかかる場面に居られることを幸せに思えばプレッシャーもプレッシャーと感じなくなる』というもの。うーん、さすが人生の先達、大人です。見習わなきゃ。

で、最後に。今、経営企画や財務の仕事以外に、重要なミッションとしてPRも担当しています。その関係で、外部からの専門的な問い合わせも受けるのですが、先日、高齢の患者さんからの電話を受けました。『そろそろ製品が出ると聞いたけど、遅れてるみたいだが、一体いつ出るのか?』との問い合わせ。もちろん、確たることは言えませんし、無責任な事は言えませんので、丁重に説明して、最後に全社一丸で一日も早く薬を届けられるよう頑張っています、と強くお伝えしました。うーん、直接患者さんの声を聞けて良かったと思うとともに、責任の重さを感じた一本の電話でした。そして、やはり、こういうことがあると、製薬事業って本当にいいなと改めて思います。

c0001192_23434092.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-08-29 23:44
2010年 08月 14日

Power Charge

現在、世間よりは短めの夏休み中。予定も今一つ立たない状況だったので、基本はゆっくりパワーチャージです。なにせ、この3ヶ月半は相当濃密な時間を過ごしてきたので、さすがにここらで『感性の貯金』をしないと若干バランスがおかしくなりそう。本や音楽、色々なところに出かけたり、美味しい食事をしたりして、一気にバランスを取りに行っています。

でもやっぱり、ちょっとずつ仕事をしてしまう自分もいたり。。。。まあ、無理に休みに集中する必要もないし。

というのも、自分が強化しなきゃと思っていた、他社との提携のシナリオ作り・シミュレーションの方法について、先週丁度、事業開発のデンマーク人がぜひディスカッションしたいから時間を取ってくれないかとの声かけをしてくれました。ラッキー。まさに渡りに船で、楽しく議論が出来たし、これから一緒にやっていこうと約束したこともあり、フレームワーク作りを考え始めると時間が経ってしまって、そのうち、神宮で試合が始まる前にメモし出す始末。うーん、どっからどうみてもワーカホーリック???

そんなこんなで、休暇初日の木曜日は神宮へヤクルトの応援に。もう本当に最高の試合でした。ホームラン二発で巨人を一蹴。騒ぎ過ぎて、早々に声かれました。やっぱり、ヤクルトの勝利が何よりの清涼剤です、はい。

今年のヤクルトを見ていると、Good to Greatだったか何かのビジネス書に、『長期的な成長を達成している企業のCEOたちに共通するのは、一般的にイメージされる強烈なカリスマ性というよりも、むしろ秘めた情熱とシャイで謙虚な面に象徴される』と書いてあったのを思い出します。

選手を生かすも殺すも監督(マネージャー)次第。チームカラー、コーポレートカラーにも依りますが、ヤクルトのようなアットホームで皆で勝って行こうとするチームには、やはり小川監督代行のような、謙虚で自分が表に出ないけれど選手の気持ちを掴んでいる監督がフィットするんでしょうね。マネジメントのいい勉強になります。とにもかくにも、ぜひ長期政権をと、切に願う今日この頃なのでした。

c0001192_17361189.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-08-14 17:39
2010年 08月 07日

後輩たち

昨日は、ここのところの山のひとつが片付いたので、気分を変えて、部下の中間面談をオフサイトで実施。まっ、中間面談というのは口実で、17時には2人でフレックス退社して、お互いの家に近い関内で飲みながらの面談。場所は、その部下が学生時代にバイトしてた先で、かなり盛り上がりました。握手すること度々。今回の山場を越えて、信頼関係が深まってきているのを感じます。

社会人になって、色々な場で人脈という名の人間関係を構築してきましたが、特に大事にしているのが、慕ってくれている(と思っている?)後輩達とのかかわり。最近も、飲みや相談の連絡を受けることがしばしばあり、ホントにこんな自分に声をかけてくれて、非常に嬉しく思います。

"部下のはしごは絶対はずさず守る"と"愛情を持って接する"というのが私のビジネスマンとしての大事なポリシーのひとつなので、それで信頼して貰える後輩がひとりでも増えたらいいなと。"男気"は大事です。はい。

そして、『またいつか一緒に仕事をしたい』と言ってくれる後輩達が、楽しく仕事が出来る"ハコ"を提供するためにも、戦略的に早めに出世していくこと、もしくは自分でビジネスをすることが必要かもと考える今日この頃なのでした。。。。

その部下がバイブルにしているのが漫画"ワンピース"らしい(笑) 普段はこの手の漫画は全く読みませんが、あまりに力説するので、大人買いしちゃいました。

P.S. 日曜は早朝のスタバでゆっくり中間面談の結果とりまとめです。これも大事な仕事。。。
c0001192_17431424.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-08-07 17:43
2010年 07月 31日

アーリーバードミーティング / セレンディピティ

VC主催のアーリーバードミーティング(朝7:30スタートの朝食食べながら勉強会)に参加してきました。激務の中早起きは正直辛かったのですが、せっかく声をかけて貰ったのと、人脈づくりに、と参加することに。
参加者は主に上場が視野に入っているベンチャーの社長が中心で、早朝にもかかわらずアツいミーティング。やはり皆さんバイタリティに溢れているのと、未体験ゾーンの中、手探りで経営していっているので、色々と他社の事例を参考にしたいというのがその背景にあるんだなと感じました。

で、そもそもの今回のミーティングの趣旨は、「最近IPOした元気な会社の社長の講演を聞く」ということで、某社(ペットの保険会社)の社長(私より5-6歳年上)の講演だったのですが、この人のバイタリティたるや、ホントにすごかったです。今の会社に移るまで、大企業の範疇でしかビジネス経験をしてきていない私にとってはかなり新鮮でした。

そんな中、自分も常々大事だと思っていたことを、QAのセッションで『保険とペットという相容れないものを結びつけられたのはなぜか?』という質問に対して、この社長が語っていたのが印象的でした。その言葉というのが『セレンディピティ』

まあ、この言葉が世に出だしたのは、茂木健一郎が一役買っている訳ですが、要は、失敗してもそこから見落としせずに学び取ることができれば成功に結びつけられる、そのための姿勢を持ち続けるという、言うは易しのシンプルな法則。

関西弁で、『特に何も考えてまへん、常になんか落ちてこーへんかな?落ちてきたら取り敢えずひろたります』

とか言ってました(笑) でも、この姿勢、ホントに大事なんです。私は常々思ってます。#1. まずは食べてみる #2. 食べてみたら死なない程度の毒が入っていたとしても、笑いながら苦しみをかみしめて次に美味しいものを狙いにいくときの参考にする #3. この姿勢を続けると、はたから見ると『あいつは幸運だな』と思われる状況が起きるスパイラルに入って、常により美味しいものを食べているように"見える"

いいんです。別に人が勝手にどう解釈しようが。言わせとけ、と。大事なのは、いろんなものを取りに行った結果、血を流したとしても、笑って階段を上がり続けるってことです。成功している社長のイメージを身近に感じられて、ホントに良かったです。やはり早起きは三文の得。。。ですね!

P.S. ここんとこバタバタしてた、おカミの超人的アウトプット要求も無事ほぼ達成して(社外取締役の先生からの絶賛も頂戴しまして)、ようやく、ゆるりと週末が送れそうデス。あーでも、日舞の発表会が。。。

c0001192_6401740.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-07-31 06:40
2010年 07月 25日

余裕がないことの効用

ここのところ、本当にバタバタしていて、日中はあっという間に過ぎていってしまう感覚です。
同時並行的に重たい案件をいくつも抱えていて、判断をその場その場でしていかないと、先延ばししても自分の首を絞めるだけだし、即断が求められるシビレる状況。

今の状況を称して、まさに"超加圧トレーニング"!

金曜日に社長とふと話していて、"いつ入ったっけ?3ヶ月前?もうその時のことはすっかり忘れたよなあ"。。。。そのとおり、もう前職で働いていた時のことは忘れかけています。
裏を返せば、それだけ新しい経験をしてHP(ヒットポイント)が上がっているということ。ゲームは全くしないですが、新しいボスキャラが次々出てきて、考える間もないということは、頭で考え過ぎる傾向にある私にとって、まさにうってつけの環境なのかもしれません。
30代後半のまだ体力のある時に、余裕を持たず1000本ノックを受けることの効用は、半年後・1年後に現れると信じて、最近のモットーは"Beyond who I was yesterday!"。これを心に秘めて、周りの目や評価は気にせず(まあもともと気にしてないケド)、死なない程度に動き続けます。

そんな中でも、読書は気分転換と成長のために欠かせません。1000本ノックで思い出しましたが、かなりコアなヤクルトファンではありますが、一番好きな選手はと言われると、実はヤクルトの選手ではなく、出身地の地元千葉ロッテの西岡剛。もともとショートの選手が好きで、中でも彼のプレースタイルは魅力的です。で、最近読んだのが数年前に出された、西岡選手の本。生意気な態度・口調が取りざたされがちな選手ですが、その裏で続けてきたすさまじい努力はさすがだなと。

やはり1歩1歩、前を向いて日々の積み重ねですね。私も(学生時代はおいておいて<笑>)社会人になってからの積み重ねはそうそう他の人には負けないレベルでしてきていると思ってはいますが、やっぱり継続が大切。目標を見据えて、日々精進ですねー。

c0001192_7581496.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-07-25 07:58
2010年 07月 17日

デジャヴ

今日は早朝から仕事。といっても、オフィスには昼前に立ち寄って色々と整理しただけで、その前に家の近くのスタバでみっちり作業。

このスタバ、TSUTAYAと一緒になっているのですが、空間が広くて、光が沢山入ってくる気持ちいい空間。
ましてや早朝だと、他に人がいなくて静かな空気が更にその気持ちよさを倍増させて仕事もはかどるっちゅうもんです。

で、仕事をしてて、ふとデジャヴ。この感覚、何度か味わったことがあるなと。

そうそう、ハワイに試験を受けに行った時に、早朝、ワイキキのスタバで試験前に勉強した時の感覚。
それから、ビジネススクールの最終選択に迷った時に行ったトロントのスタバで早朝から悩んでた時の感じ。
更に、シンガポールに缶詰研修した時の最終プレゼン前の早朝カフェでコーヒーを飲んでた時の感じ。。。。

早朝、海近く、静かな空間、透き通る空気、コーヒーの匂い、ちょっとしたプレッシャー

共通項を書いてるだけで、感覚が蘇ってくる。日本でも同じ感覚が味わえてちょっと幸せです。でもやっぱり海外の空気、ちょっと味わいたくなりました。

c0001192_22182026.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-07-17 22:18
2010年 07月 11日

4日間の軟禁終了!

今週の水曜日から湯河原でオフサイトミーティングでした。土曜日に帰ってくるまで、4日間で外を出たのは僅か一度のみ。。。いやー疲れました。

毎日8:30からミーティングスタートで、終了は18:00。食事を終えた後、ミーティングルームに戻って、アルコールを入れながら22:30まで仕事。部屋に戻って温泉に浸かって、TVを30分見て寝る生活。軟禁でしょ、これは。

でも、本当に良い経験になりました。地位自体への拘りはないけど、会社全体の戦略的な方向性を決める議論に参加出来ることの醍醐味は、やはり一定の地位を得ないことには経験出来ないんだという事を改めて実感しました。そして、まだまだ他のメンバーからすれば青い若造以外の何物でもない自分が、そこに加えて貰えていることの幸せを噛みしめつつ、社長のピンポイントの質問に答えるべく、集中力を切らさないように4日間頑張りました。。。

結果、今日行った整体では、"体ガチガチですねー。これは1時間以上マッサージしないとヤバイ"と言われちゃいました。そりゃそうだ。今週は稽古にも行けなかったしね。

7月中盤から後半、まさに死のロードが待っていますが、ここが踏ん張りどころ。社長から貰った言葉、Chance favors the Prepared Mindを心に刻んで、覚悟を決めて頑張ります!

その前に、今夜は、ゆるりと命の水を飲んで英気を養います。ビールの季節、スリランカのLION StoutとタイのChang Beer飲んじゃいますよ。

c0001192_19142658.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-07-11 19:17
2010年 06月 26日

やっと最後まで通しました

c0001192_17503378.jpg
毎週末に通っている日舞の稽古。3月末の発表会が終わって、約3ヶ月。稽古回数にすると10回強でようやく「雨の五郎」が最後まで行きました。正直、長かったです。稽古をはじめて1年半強ですが、今までこの類の踊りをやっていなかったので、慣れるのに時間がかかってしまいました。

でも、取り敢えず一旦最後まで行けたので、8月の浴衣ざらいまでに仕上げて行きます!

ちなみに写真はイメージ(笑) もちろん私ではありませぬ
[PR]

# by tomo_gt | 2010-06-26 17:50
2010年 06月 26日

今週のお仕事(備忘録)

いやー、今週も異常に忙しい毎日でした。帰りは8-9時台ですが、時間中が何しろ忙しい。そのせいか分かりませんが、おかげで木曜日に首が痛くなってしまいました。

仕掛中も含め今週やった仕事を備忘録的に並べておくと

1. IPO準備: 証券会社DD / 弁護士DD対応, 当局開示資料作成のプロジェクトマネジメントと実作業
2. Long Range Plan(中期経営計画)の作成と部門間調整
3. 人員計画と人件費シミュレーションのツール作成
4. IR: Press Releaseの原稿作成と提携他社との調整
5. Dailyベースの部門マネジメント
6. 導入候補品の評価

といったところでしょうか。そりゃ、疲れるはずだ。。。。。

そんな疲れた時に自分を奮い立たせるためにいつも見ているのが、Steve JobsのStanfordの卒業生向けのスピーチ。これ見ると、やっぱり楽しみながら攻めなきゃ、といつも思わされます

原文はこちら

http://news.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

c0001192_1716527.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-06-26 17:12
2010年 06月 19日

鞄に一目惚れ

今日は19:00から前職の飲み会。ただ、その前の某社PR部門とのミーティングが早めに終わったので、裏原から神宮前あたりをブラブラ。

明治通り沿いを歩いていると、ふと目にとまった店が。その名もWorld Footwear Galleryという店。前にも、神宮球場に行くときにたまたま通りかかって良い雰囲気の店だなとは思ってましたが、今日は、入口のドアから見えた鞄に目が惹きつけられて、そのまま店内へ。

おーーー、かっこいい。しかも軽い。深いネイビーの味わい深い馬革。そして外観と比べると価格もまあ何とかなる範囲。

結局、時間もなかったので、とりあえず1週間取り置きをして貰うことにしました。うーん、やっぱりかっこいい。
今のビジネスバックが重いので、やや軽めのものを探してたこともあり、週末にでももう一度行って決断しちゃおうかな。
c0001192_142017.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-06-19 01:42
2010年 06月 16日

今読んでいる本

ここ1ヶ月、かなり多忙を極めていますが、合間合間で、相変わらずの濫読は継続しています。

今並行して読んでいるのは

・自然体- 遠藤保仁: サッカーにあんまり興味はありませんが、遠藤のプレー中の雰囲気に興味があり
・最強の経営参謀 - 山田有人: 竹中半兵衛好きとしては参謀書は欠かせません
・勘三郎、荒ぶる - 小松成美: 勘三郎さん、この前テレビでさよなら公演のドキュメント見ましたが感動でした
・死ねばいいのに- 京極夏彦: 久しぶりのミステリー。本やモノ選びのセンス抜群な人が読んでたので

ということで、目と頭を休める暇のない日々がこれからも続きそうです。そりゃ目・肩の慢性疲労にもなるっちゅうもんです。自業自得、自業自得。。。。。

c0001192_2316395.jpg
c0001192_23162048.jpg
c0001192_23163878.jpg
c0001192_23165714.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-06-16 23:19
2010年 06月 13日

新会社での日々

ということで、5月初から新会社で働き始めましたが、仕事の密度・範囲の違いは想像以上でした。
まだ僅か1ヶ月強しか経っていないとは思えない。この期間中にも、想定していなかった色々な事が起こっています。

私が見ている部門も、人間関係含め色々とありますが、人間の器が試されると思って、全霊を傾けて部下の面倒を見ながら、どうやったら望む成長が出来るか、そのサポートが出来るかを考えています。
(何せ、前職の送別会で、上司は愛情を持たなきゃいけない!なんて、おじさま達に偉そうに説法を立てた手前、自分が実践しないと。。。ね)

やっぱりマネジメントは楽しいです。

そして、今、改めて思うのは、やっぱり、自分にとって最も避けたいリスクは"停滞する"ことだったんだということ。そして、それを避けるための決断は不可避だったということ。まあ、回遊人としては仕方ないですね。
確かに、時間的な拘束も長いし、プレッシャーもそれなりにきついものがあるけど、少なくともそういう環境に身を置いてさえいれば、ビジネスマンとしても人間としても成長が必ず望めるし、この密度の濃さを仮に1年続けたら、結果的にどれだけ成長出来るのか。

そのためにNo Pain, No Gainの精神で日々精進です!
[PR]

# by tomo_gt | 2010-06-13 08:20
2010年 04月 29日

送別会月間終了

怒涛の送別会ラッシュの3週間がようやく昨日で終了しました。それにしても良く飲みました。体調に気をつけながらだったので、大きな問題はありませんでしたが、見えないところの体型に若干変化が。。。。

それはさておき、本当にこれだけ送別して頂いた皆さんに本当に感謝の気持ちで一杯です。最終日には寄せ書きに加えて、後輩達から、個別にシャンパンだの手作りパンだの色々頂いて感激です。この4年分の大きな財産として、数多くの人間関係をこれから大切に維持して行きたいと思っています。

この10回以上に及ぶ飲み会の中で、いくつか父親クラスの年齢の方々との"差し飲み"もあった訳ですが、色々な意味で勉強になりました。やはり人生の先達から学ぶことは多いなと。こういう形で"座学"で勉強しておけば、今後想定し得る出来事にも、ある程度の気持ちの準備を持って臨めるのではないかと思っています。

そして、複数人での会合では当然スピーチの要請がある訳ですが、私自身本来こういったスピーチは得意ではないのですが。。。。いい訓練になりました。最後の方はかなり慣れて、余裕を持って話題を自在に動かせるようになって、今後に向けた良い助走になりました。

その中でも、特に感激したのは、マーケティングのメンバーが開いてくれた送別会でした。(写真参照
皆さんかなり忙しいにも関わらず、15人位集まってくれて、ひとりひとり有り難い言葉をかけて頂いて胴上げまでして貰っちゃいました。彼らとは別部署ながら近い関係で仕事をしていたものの、正直"詰める"こともあっただけに、気持ちよく送り出して貰えるとはあまり思っていなかっただけに私が守ってきた彼らへのスタンスについてのポリシーを理解して頂けていてちょっとだけ自信が増えました。

最後に、この貴重な機会での会話を通して、後輩達へ攻めている姿を見せ続けることと楽しく仕事が出来る箱を作ること、そして大先輩方には前向きに尖っている姿を見せつつ、彼らの話を聞きながらその教訓を活かしつつ少しづつでも成長することが、自分のとりあえずの使命なんじゃないかと感じたこの1ヶ月間でした。

では、これからようやくGWに突入。ゆっくりして、GW明けから新職場です!

c0001192_21211643.jpg

[PR]

# by tomo_gt | 2010-04-29 21:21
2010年 03月 27日

資格ゲッター.....??

転職前に準備をと、今いくつかのテーマについて本を買うなどしてBrush up中です。そのテーマは

- 財務・上場(IPO)実務関連
- 血液学
- 医薬開発
- 医薬規制
- 文章の書き方
- 英語(これは現在我が家に居候中の外国人との会話でOK?)

といったところでしょうか。そこで、この週末から本格的に勉強をスタートしようとしているのがIPO実務について。今まで全く経験がないのですが、この分野を強化することは自分の将来のビジョン実現にとっても必要不可欠なので気合を入れて勉強しようと考えています。

そこで、これまでも私のスタイルとしてやってきた"試験勉強に勝る危機感付与の方法はない"というもの。要は何のことはない、試験をターゲットにしてしまえば自然に勉強せざるを得なくなるというもの。
で、今回も、集中的に勉強して4月末にCBTでIPOの実務検定を受けてしまおうかと思っています。ちょっと無謀かな。。。。

これまでも、そのスタイルで、別に資格が欲しいわけでは全くなく、ただ単にそうしないと勉強しないからという理由で、Financial Planner, US CPA, CSR検定などを受験してきました(既に自分がFP持ってたことすら忘れてたケド<笑>)。という訳で今回も試験をベースに1ヶ月間勉学に励みます。でも送別会やら引っ越しやらで計画倒れになるリスクあり。。。。。ですが
[PR]

# by tomo_gt | 2010-03-27 15:37
2010年 03月 13日

Great Comment

前回お伝えした次のステップへの決断に伴って、序々に退職の意向を関係者に伝え始めていますが、
皆さん、こんな私に、慰留も含め非常に有り難いお言葉をかけて頂いて、改めて4年間頑張ってきて良かったと実感じています。

特に、今の事業部に移る前に一緒に仕事をしていた部署のヘッドの外国人(彼は先週異動で海外へ)が異動になってしまう前に話をしておこうと思い、部屋に行って今回の件を伝えたところ、"これからすぐにCFOのところに行くから、何か決断をひっくり返すための欲しいポジションや条件があったら言ってくれ"とまで言ってくれて、その後、何となく2人はやや涙目に。

彼については、社内でも賛否両論ありますが、彼が日本に赴任してきて、慣れない環境で一緒に仕事をしながら、喧々諤やった後はお互いを讃えあうような仲でしたし、個人的に遊びに行くこともあって、お互いの信頼には強いものがありました。

結果的には彼も私の決意の強さを感じたのか、受け入れて貰いました。そして、出発間際に彼から以下のメッセージを受け取りました。お世辞でも嬉しいものです。以下、このブログを自分で読み返して、勇気を貰う為に備忘録的に以下に残しておきます。

Dear (私のLast Name),
thank you for telling me.
You are one of the best BPA I have worked with and I am sure you will have a bright future no matter where.
As I said, let's keep in touch personally and professionally too. Maybe we will work together again in the future

*BPA: Business Planning and Analysis

彼が将来日本のCFOになって呼ばれたら、戻るかも。。。。。なんてね<笑>。こう見えても男気には応えるアツいタイプなもので。
[PR]

# by tomo_gt | 2010-03-13 19:55
2010年 03月 07日

4年弱ぶりのBlog復活

という訳で、気まぐれにもBlog復活ということで。

その理由は、Georgia Techを卒業後選択した進路から次のステップに移ることを決めたから。TechのBusiness Schoolを2006年に卒業し、はや4年弱。就職活動を始めた段階では想定もしていなかった製薬業界に色々な縁で飛び込んで、何とかここまでやって来れました。

そして、今回、アーリーフェーズから次のステップへ進もうとしている上場目前の創薬会社に転職することを決意しました。実は以前にも、米国で急成長したベンチャーの日本法人立ち上げのお声かけを頂きましたが、さすがにベンチャー過ぎて尻込みしたのと、社長とのフィーリングが合わなかったことが理由でお断りしてから1年強。。。

今回お話を頂いたのは日本のメガ製薬会社が相手にしない癌や移植系のニッチな薬の種(シーズ)を海外から日本に持ってきて、臨床開発して患者さんに届けることを使命として、今の社長が5年程前に立ち上げた会社で、最初の製品のローンチは目前ですが本当にこれからの会社です。

決断をした理由は、
1. 社長のビジョンに共感出来たこと(社長面接の時に"誰もやらなくて難しいからやるんだよ"の一言に痺れました)
2. トップマネジメントのひとりとして今後魅力的な製品ポートフォリオを作るプロセスに参画出来ること(経営管理・財務系のヘッドで入ることになる予定)
3. 上場実務が経験出来ること
4. アジアへも進出しているので、今後その拡大の可能性があること
5. 直上司の執行役員と仕事をすることで自分も成長出来るであろうこと
6. 今もオンコロジー領域(癌領域)の事業部を見ているので人脈等も活かせそうであること

そして、個人的にCSRの試験を受けたり勉強をしながら考えていたのが、金融機関はじめ投資家の目を社会的意義のあるベンチャー投資により向けさせることが出来ないかということ。そして、今回の転職によって、この意義ある事業と投資家との橋渡しをすることを含めて、今後その流れを作っていくための勉強・経験が出来ればということ。

なーんて、それっぽく書きましたが、最後は勢いです。

世の中の人は、今の超安定メガ外資製薬を離れることをリスクと感じるかもしれませんが、私も前回のお話についてはリスクを感じましたが、今回についてはそういったことをリスクと感じなかった時点で、決断すべきとの結論に至りました。まあ、もちろん色々な予期せぬ事態が起きる可能性もありますが、その時はどんな仕事でも拘らなければいつでも職はあるかな(なんて甘い考え??)

さて、これから転職まで2ヶ月弱、しっかり今までの経験で補えていないところを自己学習してから新しい組織に入っていきたいと思ってます。

これから時間も多少余裕が出来るかもしれませんので少しずつブログをアップして行きます(あくまで予定)
[PR]

# by tomo_gt | 2010-03-07 17:50